☆ 『平成30年4月、新年度へ、....。』

 お彼岸も過ぎ、いよいよ何もかも新しくなる本格的な春を迎えます。

新ためて「日に新たに、日々に新たに、また日に新たなり」の句を思い浮かべる時がやって来

ましたが、この年度末と年度初めは、正月の新しさとはまた別の新鮮さが感じられ、自然界も

新緑の芽吹きをともなって色付いてきています。人間界も卒業と入学、入社の時期なので余計

に気分一新さが感じられるのかもしれません。巷ではピカピカの一年生も見られます。

思い起こせば18歳の春、初めて東京に出て2万人の大企業の入社式に臨み、不安と期待に胸

ふくらませ社会人デビューしたのが昨日のようです。あれから53年(なにやら有名な漫談調

になってきましたが)半世紀を過ぎ”光陰矢の如し”の心境になるこの頃です。

人生100年時代を迎え、まだまだひよっこの自分に鞭打って行こうと考えています。

 さて米国トランプ発のお騒がせ発言で世界が異様な空気となり「貿易戦争開戦」等と緊張感

が走っています。中国が一番怒っています。

アメリカファーストの名の下に、自国の利益のみを優先した政策で世界を翻弄しています。

しかし米国民はどうでしょう。安価で良質な物が輸入されなくなったら国民のためにならない

ことは誰が考えても解ること、結局、票を稼げる企業のためだけの政策となっています。

グローバル時代に逆行した政策はいずれ破綻するでしょう。我々としては暫くは静観しかない

というところでしょうか。勉強のため株式を僅かですが保有している私としては多少気になる

処ですが。(後略)

合掌